bannerkanmatsu.gif


住基ネット推進室から
いよいよ市町村テストが始まります



 平成14年2月、すべての市町村を対象に、住民基本台帳ネットワークへの接続のための「市町村テスト(P3)」が始まります。
テスト工程と概要
1疎通試験(P3―1)
 指定情報処理機関から提供されるCS(コミュニケーション・サーバ)テストツールを用いて、CSと都道府県サーバ、および全国サーバとの接続確認を実施します。
●試験時期 平成14年2月4日〜3月15日の間で、都道府県と調整
2機能確認試験(P3―2)
 事前に作成した「市町村総合テスト仕様書」に基づき、CSと既存住基システムとの接続・業務機能確認を実施します。 ●試験時期 平成14年2月4日〜3月15日の間で、市町村の任意
3業務運用試験(P3―3)
 指定情報処理機関が作成した「テスト仕様書」に基づき、〈全国サーバ〜都道府県サーバ〜CS〜既存住基システム〉の業務運用試験を実施します。
【テストパターン】
(1)デリバリと本人確認業務のテスト
(2)市町村〜都道府県〜全国サーバ間で連携するテスト
(3)他市町村と連携するテスト
●試験時期 平成14年3月18日〜29日の間で、指定情報処理機関が指定

 市町村テスト実施にともない、TKCでは各市町村の日常業務へ影響しないテスト環境をご提供します。また、今回のテストでは本番データは使用しないため、更新処理はテスト用データベースで実施します。さらに、円滑なテスト実現を支援すべく、システム説明会(第5次)を開催する予定です。詳細は、各営業課までお問い合わせください。



バックナンバーへ戻るspacer新風トップへ