bannersaport.gif


ウイルス対策サービス
セキュリティー機能をさらに強化



 「TKC行政ASP/ウイルス対策サービス」を、バージョンアップしました。すでに、11月中旬以降に新規導入された市町村では新バージョンをご利用いただいているほか、以前から当サービスをご利用の団体でも順次バージョンアップを行っています。
 今回のバージョンアップの大きな特長は、「スパイウェア対策」と「ウイルス感染自動修復機能の追加」の2点です。まず「スパイウェア」は、従来のウイルスが感染したパソコンでトラブルを誘発するのに対し、パソコン内の情報を勝手に盗み出すという、まさに個人情報が売買されるいまの時代を反映したものといえるでしょう。感染してもウイルスのように不具合が起きないため、気づきにくいのが特徴ですが、個人情報保護の観点からも大きな脅威となっています。そこで今回の改訂では、「スパイウェア」を検出し、情報の外部流出を防ぎ、パソコンをより安心して利用できる機能を実現させました。


 二つめは、ウイルス感染自動修復機能の搭載です。従来はウイルスの駆除に多大な時間と労力をかけ、場合によってはそれでも回復させることができず、結局OSからインストールし直すといったこともありました。しかし、ウイルス感染自動修復機能「ダメージクリーンアップサービス」を使うことで、ほとんどの場合、ボタン一つでウイルスに感染する前の状態に回復させることが可能となり、感染時における駆除作業を大幅に軽減します。
 最良のウイルス対策はいかなるネットワークにも接続せず、一切の外部媒体を受け付けず、単独で使用することであるといわれます。しかし、業務で使用する場合には、その様な利用形態はほぼ不可能でしょう。TKCでは、今後の電子自治体を見据え、お客様に安全にパソコンをお使いいただけるよう、継続的にサービスの機能拡充を図るとともに、最新パターンファイルおよび注意が必要なウイルス情報をリアルタイムで発信していきます。


平成17年個人住民税に係わる
制度改正のポイント



 個人住民税の担当者にとって、来年度は忙しい年となりそうです。これは15年度および16年度税制改正による「個人住民税課税」への影響が例年よりも大きいためで、TKCでも現在、住民税システムの改修を進めているところです。
1.配偶者特別控除上乗せ部分の廃止
 控除対象配偶者の配偶者特別控除が廃止されます。
2.配当割額控除、株式等譲渡所得割額控除の適用
 特定配当等に係る所得または特定株式等譲渡所得を申告した時は、所得割で課税し、所得割額から配当割額または株式等譲渡所得割額を控除します。控除しきれない額は、還付またはその他の地方税の徴収金に充当します。
3.生計同一の妻に対する均等割非課税措置の廃止
 均等割の納税義務を負う夫と生計を一にする妻で、同一市町村内に住所を有する場合は、平成17年度において均等割は2分の1が課税されます。


4.土地税制の改正
(1)短期譲渡所得の課税の特例の改正
 総合課税による上積税額方式が廃止され、税率も引き下げられます。また、土地、建物等の短期譲渡所得の金額の計算上生じた損失は、土地、建物等の譲渡所得以外の所得との通算および翌年以降の繰越控除が認められなくなります。
(2)長期譲渡所得の課税の特例の改正
 税率が引き下げられます。また、100万円の特別控除が廃止されるとともに、短期譲渡所得と同様、土地、建物等の譲渡所得以外の所得との通算および翌年以降の繰越控除が認められなくなります。
(3)優良住宅地等のための長期譲渡所得の課税の特例の改正
 税率が引き下げられ、特別控除と軽減税率との併用は認められなくなります。
5.株式等譲渡所得の課税の特例の改正
 以上の改正点を十分理解し、的確な税業務に備えたいものです。


LGWAN−ASPで提供する
「情報セキュリティ監視サービス」のご紹介



 今回は、平成17年1月からパイロット運用を開始する「情報セキュリティ監視サービス(仮称)」をご紹介します。
 このサービスは、TKCのシステムが稼動しているサーバの稼動状態を当社専門スタッフが監視し、その分析結果を報告するもので、LGWAN−ASPでご利用いただけます。
 情報セキュリティ監視サービスのメニューは、以下の通りです。
1.システム稼動診断サービス
 ハードディスクの空き容量やメモリ使用率といった詳細な情報を記載した「システム稼動診断レポート」を毎週発行します。市町村はこのレポートにより、サーバトラブルの予兆を早期に発見することができるようになります。また、このレポートを情報セキュリティ監査用の資料としてご活用いただけます。
2.サーバ起動通知確認サービス
 サーバトラブルは、朝一番の起動時が大半を占めているといわれています。そこで、専門スタッフが市町村のサーバ起動状況を監視します。異常発生時には市町村のサーバ管理者に連絡し、速やかな復旧を支援します。
3.サーバモニタリングサービス
 専門スタッフがハードディスク異常、メモリ異常などのサーバトラブルを監視します。異常発生時には市町村のサーバ管理者に緊急連絡し、速やかな復旧を支援します。
 今後、「第2次バックアップサービス」「ウイルス対策サービス」の稼動状況を閲覧できる機能を追加する予定です。ご期待ください。



バックナンバーへ戻るspacer新風トップへ