bannersaport.gif


「第2次バックアップサービス」
静岡県蒲原町で復旧訓練を実施



 「TKC行政ASP/第2次バックアップサービス」をご利用いただいている静岡県蒲原町(平成14年12月導入)において、昨年12月、大規模な災害発生を想定したバックアップデータの復旧訓練を実施しました。


 今回の訓練は、災害対策にかかる緊急時対応、事業継続、災害復旧の観点から実施したもので、住民情報と税務情報のデータベースを、最新のバックアップデータから復元し、復元したデータの完全性が確保されているか実地検証を行いました。昨今、広域災害の発生に備えバックアップデータを遠隔地で分散保管する地方公共団体が増えていますが、実際に復旧訓練までを行っているところはあまり例がありません。
 今回の検証内容結果は以下の通りです。
I.分散保管されたデータの検証
 災害発生日時を想定し、発生時点での最新のバックアップデータが、復元後のデータベースに反映されていることを確認しました。復元したデータベースの確認は、実際に蒲原町役場殿に仮の復旧サーバを持参し、各課のご担当者様に検証していただきました。
II.データ復旧までの時間計測
 地方公共団体から復旧依頼を受け、最新のバックアップデータをデータベースに適用し、復元用データベースのDAT作成、復旧用サーバへのリストアおよび動作確認までに約7時間を要しました。
III.データ復旧にかかる運用体制の確認
 地方公共団体からの復旧依頼の方法、あるいは実際のデータベース復元作業、復旧用サーバ等の機器調達に必要となる運用体制などを確認しました。
 地方公共団体が保有する住民情報などは、災害時における被災者の特定・把握、ライフラインの復旧、地域の復興支援に欠かせない基本的なデータです。TKCでは、今後も顧客団体のご協力をいただき、こうした復旧訓練を定期的に実施することで、万一、被災した場合の〈迅速な行政業務復旧〉と〈行政業務の継続性〉をご支援します。


電子申請・届出システム
4月より提供開始



 今年4月より「TKC行政ASP/電子申請・届出システム」の提供を開始します。
 本システムは、TKCインターネット・サービスセンターに設置したシステムを、LGWAN等のネットワークを介して利用するASPサービスです。このため、サーバ等の機器調達やシステムの運用保守を必要とせず、低コストで高いセキュリティーが確保されたシステムを短期間で導入することができます。
 なお、本システムは「住民向け機能」と「自治体向け機能」から構成されており、『地方公共団体における申請・届出等手続きに関する汎用受付システムの基本仕様』(総務省)に完全準拠しています。


 各機能の特長は以下の通りです。
I.住民向け機能
1.必要な手続きを「結婚」「出生」「引越」等のライフイベントで検索できます。
2.複数の申請書を一括で作成する場合、各申請書に重複する項目は、自動複写されます。
3.申請書の一時保存や、過去に行った申請を呼び出し、内容をコピーして申請を行うことができます。
II.自治体向け機能
1.申請書の処理は、(1)申請書受付、(2)審査開始、(3)審査結果入力、(4)公文書発行、の4ステップで簡潔に完了します。
2.担当課ごとの業務の進み具合を、進捗状況別、申請書別、受付後の経過日数といったさまざまな視点で把握できます。
3.利用実績等を統計表として印刷したり、エクセルファイルに出力できます。
 今後は、対応する申請書の数を現行の27種類から100程度にまで増やすほか、TASK .NET税務情報システムなどバックオフィス業務との連携や決済基盤との連携も行う予定です。なお、無料体験版は当社ホームページtask.tkc.co.jpからお申し込みいただけます。お気軽にご利用ください。


「TASK .NET国保給付システム」
「TASK .NET老健給付システム」のご紹介



 医療制度の複雑化とともに、市町村における医療関連の事務量が増大しています。担当者にとっては、この業務量をいかに軽減させるかが課題となっており、当社に対してもこれまでシステム化の要望が数多く寄せられていました。
 そこで、TKCでは新たに「TASK .NET国保給付システム」と「TASK .NET老健給付システム」を開発しました。
 「TASK .NET国保給付ステム」「TASK .NET老健給付システム」は、市町村における「レセプトの管理」と国民健康保険と老人保健の制度内で行われる「支給事務」を支援するシステムです。
 住基・国保の資格情報・老人保健の資格情報と連携し、国民健康保険の給付事務・老人保健の給付事務の効率化を実現します。
 この2つのシステムの主な特長は以下のとおりです。
1.住基・国保資格・老健資格データと連携することにより、一元化したレセプト情報が照会できます。
2.連携した最新の住基・国保資格・老健資格データで正確かつ確実な資格判定を行い、レセプト点検を強力に支援します。
3.高額療養費や高額医療費などの支給事務を効率化します。平成14年度の改正以降、煩雑となった高額療養費の支給と事業月報等の集計、高額医療費の初回申請等に対応します。
 4月より国保の「レセプト点検」や老健の「高額医療費の支給管理機能」等を搭載した第1版のシステムを提供し、以後順次、機能を拡張していく予定です。



バックナンバーへ戻るspacer新風トップへ