bannersaport.gif


ウイルス対策、サーバ監視
万一の場合のサポート体制について



1.ウイルス対策サービス
 独立行政法人情報処理推進機構が毎年発表している「国内におけるコンピュータウイルス被害状況調査報告書」によると、地方公共団体ではウイルスへの感染、あるいは検知される件数が他に比べて多いことから、できるだけ早く警戒情報等を入手したいという意識が高まっています。そこで、本サービスでは最新のウイルス対策ソフトの配信に加え、以下の4つのサポートを行っています。
(1)最新パターンファイルのリリース案内
対策管理者に、メールで最新パターンファイルの更新をお知らせしています。
(2)大規模感染ウイルスの警戒情報発信
警察庁セキュリティポータルサイトに「注意」「重要」レベルのウイルス情報が掲載された場合、その警戒情報をメールで配信しています(図参照)。
(3)ウイルス検出報告
サーバやクライアントでウイルスを検知した場合、その機器を特定し、復旧方法を担当営業課から管理者へお知らせします。また、本サービスの自動復旧機能により、庁内でシステムファイルの復旧作業を容易に実行することができます。
(4)ヘルプデスク
平日9時〜18時、サービスに関するご質問を担当者がお受けしています。


 これらのサポートにより地方公共団体が求めているウイルス対策を確実に運用し、管理者の負担軽減を実現しています。
2.LGWAN―ASPサーバ監視サービス
 本サービスでは、24時間365日、貴庁のサーバで発生したトラブルやパフォーマンスの著しい低下の情報などを、LGWAN回線を通じて当社の監視センターへ通知しています。
 この監視センターでは、平日8時〜18時まで通知された情報をもとに障害の原因を判断し、システム管理者への報告、保守会社へ連絡等を行い早期のトラブル解決を図っています。
 また、サーバ障害の履歴はすべて「サーバ稼動診断週間レポート」にまとめられ、「地方公共団体情報セキュリティポリシー」で求める管理策を実現するとともに内部監査資料、外部監査資料としても利用いただけます。


住基カードの証明書自動交付機対応
TASKシリーズの標準機能へ



 今年9月より、福島県棚倉町において、住基カードの「磁気ストライプ」を利用した証明書自動交付機システムの運用がスタートします。具体的には、住基カードへ「自動交付機カード」と「印鑑登録カード」の役割を持たせるもので、これにより住民は複数のカードを持つ必要がなくなります。
 ところで、住基カードには「ICチップ」と「磁気ストライプ」の2種類の独自利用領域が用意されていますが、今回、棚倉町ではカードの運用や設備投資において、コストおよび作業負担の少ない方法を選択されました。この方法であれば、現行システムに住基カードのメンテナンスを行うための「磁気カードライタ」と、本人確認のための暗証番号を入力するための「テンキーパッド」を追加する程度で、新しいサービスを開始することができます。


 なお、棚倉町は、当社ユーザーとしては初めての住基カードの独自利用団体となります。当社では、今回のサービス開始に伴い、このほど「e―TASK住基マスター」へ住基カード利用のための機能を追加提供いたしました。
 住基カードの多目的利用について、条例を制定しているところは、全国でまだ81団体とわずかですが、今後、電子自治体実現の取り組みのなかで住基カードの本格的な普及活動が始まることが推測されます。
 実際、ここにきて、全国の市町村から住基カードの独自利用に関する問い合わせが増えていることから、当社ではこれを「e―TASK」と「TASK .NET」の標準機能として提供する予定です。
 TKCは、今後も住民サービスの向上を全力で支援します。どうぞご期待ください。


TASK .NET水道料金システム
提供開始へ



 TKCでは、このたび「TASK .NET水道料金システム」を開発しました。新システムの特長は、以下の通りです。
1.処理能力の向上…人口50万人規模の市町村にも対応。特に、例月の処理で多くの時間を要していた「検針データ作成」「検針データ登録」「料金計算処理」は、大幅な時間短縮を実現しました。
2.トータルシステム…ハンディターミナルによる使用水量の検針データを料金情報へ連動し、料金計算から徴収、滞納管理まで重複入力することなく運用できるトータルシステムです。
3.ユーザ・インターフェイスの継承…「e―TASK水道料金マスター」のユーザ・インターフェイスを継承しているため、違和感なく利用できます。
4.複数事業への対応…水道事業経営のための事業区分を階層型で管理することで、「公共下水道」「農業集落排水事業」等の複数事業に対応します。
5.各種管理機能の強化…水道使用者ごとの検針スケジュール管理、冬期未検針等の複雑な発布サイクルへの対応と、加入金・手数料などの調定収納管理が行えます。
6.請求履歴の記録…いつ(発布日)、どの様な方法(納入通知書、口座振替等)で、料金支払の請求を行ったか(請求履歴)を記録するため、お客様の問い合わせにもスムーズに対応できます。
7.住民サービス向上への対応…コンビニエンスストア支払納付書への対応で、住民サービスの質の向上を支援します。
 TASK .NET水道料金システムは、栃木県宇都宮市、新潟県魚沼市に続き、今夏よりは山梨県富士吉田市でも稼働する予定です。



バックナンバーへ戻るspacer新風トップへ