bannertokusyu.gif


特集タイトル


いよいよ「64ビットの時代」が間近に迫ってきた。過去を振り返ってみると、8ビットから16ビットへ、そして32ビットへと技術が進化するのに伴い、その機能やユーザーの使いやすさなど大きな変貌を遂げてきた。また、これを利用する側の意識も、数年前には予想できなかったほど変わったといえるだろう。これから迎える64ビットの時代とはどういったものになるのか、最新技術動向から考察してみる。


 いよいよWindowsの世界において、64ビット時代が本格的に到来しようとしている。ゲーム専用機の世界においては、すでに64ビット時代を超え、いまでは128ビットの時代へと突入している。また、サーバやワークステーションでは、すでに64ビットCPUを搭載したものも出荷されている。
 だが、Windowsが動作するパソコンや、IAサーバと呼ばれるインテル製のCPUを採用した分野では、ここ数年でようやく64ビットの時代が到来し、いわば今年こそが“64ビット元年”といえる状況になってきたのだ。
 今年6月には、サーバOSである「WindowsServer2003」と、クライアントパソコン向けの「WindowsXP」のそれぞれにおいて、64ビット版となる「x64Editions」版が出荷され、今後これに対応したソフトウェアが続々と登場してくることになる。そして、来年には次期Windowsの「Longhone(ロングホーン)」によって、一気に64ビット市場が開花することになるだろう。

2つの64ビットの世界

 64ビットがもたらすIT環境の変化に触れる前に、まず、64ビットのコンピュータの基本的な位置づけについて把握しておきたい。
 Windows環境における64ビットCPUは、大きく2つの系統に分類することができる。ひとつは、「IPF(アイタニウム・プロセッサ・ファミリ)」と呼ばれるものだ。主に、高性能サーバや科学技術計算を行うハイパフォーマンスコンピュータなどに搭載されることを目的に開発されたIPFは、信頼性・可用性などを前提とし、WindowsプラットフォームやLinuxなどで最高のパフォーマンスを追求することを目指しているものだ。いわば、メインフレームからの置き換えまでをもカバーするCPUなのである。パフォーマンスの追求を前提としているだけに64ビット環境に特化。従来の32ビット用アプリケーションは動作しないという特性を持つ。このため64ビットに対応した新たなOSおよびアプリケーションが必要となる。

世界最強のオープンサーバ「PRIMEQUEST」と富士通・黒川博昭社長。

インテルでは、対応CPUとして「Itanium2」を投入し、マイクロソフトでは「WindowsServer2003forItanium―basedSystems」を用意している。
 これらを搭載して開発されたサーバのひとつが、先頃、富士通が発表して話題を呼んだ大規模基幹向けの「PRIMEQUEST」だ。「理論値でメインフレームと同等、あるいはそれを超えた連続稼働を実現。従来製品の約2倍のプライスパフォーマンスを達成した基幹サーバ。まさにオープンサーバのエボリューションだ」(富士通・黒川博昭社長)と、これまでに同社が培ってきた堅牢性・可用性・信頼性に関する技術やノウハウをふんだんに盛り込むことで、他社と差異化した製品へと仕上げている。
 一方、クライアントパソコンおよびサーバ分野向けには、「x64」と呼ばれる64ビットの世界が存在する。
 x64とは、32ビットの世界で利用されていたx86命令セットの64ビット拡張アーテキクチャを採用し、また64ビットCPU機能やバスの拡張によって、アプリケーションの大幅な高速化を実現するというものだ。つまり、これまでのWindowsパソコンで利用していたアプリケーションソフトや周辺機器のほとんどが、そのままx64でも利用でき、さらに専用に開発されたアプリケーションであればより高速化された環境で利用できるというわけだ。


 対応CPUとしては、AMDが先行する形で投入した「AMD64」シリーズと呼ばれるものがある。このなかにはAMD Opteron(オプテロン)64、同Athlon(アスロン)64といったCPUが含まれる。また、インテルはXeon(ジーオン)、Celeron(セレロン)、Pentium(ペンティアム)4といったなかで「EM64T」対応CPUをラインアップしている。
 一方、マイクロソフトでは、今年6月にx64対応OSとして、サーバ用の「WindowsServer2003 x64Editions」、クライアント用として「WindowsXP Professional x64Editions」を投入。今後、これらを搭載したパソコン、サーバが続々と市場に投入されることになるだろう。

システムの価格は高くなるのか?

 では、64ビットとなるメリットはどこにあるのだろうか。x64を例に検証してみよう。まず前提としておきたいのは、64ビットの世界になってもシステム価格には大きな差がないという点だ。もちろん、メモリやハードディスクの容量が大きくなることでの価格上昇や、モニターの大画面化、コンシューマ向けにおけるAV機能の強化など、64ビット化によって、さらに快適な利用を促進するための機能強化が図られ、その部分に対するシステム価格の上昇はあるだろう。
 だが、インテルやAMDから提供されるCPUの価格は、これまでの32ビット時代に行われていたクロック周波数の上昇などの新製品投入時とほぼ同等の価格上昇率に留まっていること、さらに、マイクロソフトからパソコンメーカーに提供されるWindowsのOEM価格は、32ビット版とまったく差がないことなどが明らかになっている。つまり、これまでのパソコン新製品投入時とほぼ同じような価格設定で64ビットパソコンの投入が見込まれるため、「64ビット化でパソコンやサーバの価格が一気に高くなる」という認識は間違いである。
 そうした前提において、64ビットではどんなメリットがあるかを見てみる。
 ひとつは、前にも触れたように32ビットのアプリケーションソフトや周辺機器がそのまま利用できるという点だ。一般的に使われているものであれば、ほとんどのアプリケーションが動作するとマイクロソフトでは説明している。しかも、現状に比べて高速で動作するという特徴を持つ。ソフトによって差はあるが、そのまま移行しただけでも平均して5〜20%のパフォーマンス向上が見込めるという検証結果が出ている。
 PDFファイルの閲覧やWord、Excelといったアプリケーションの立ち上げなど、やや操作が重たいと思うようなものでも従来に比べてスムーズに動くようになるのは大きな効果といえる。
 2つ目のメリットは、64ビットならではのパフォーマンスを生かした利用環境の実現だ。マイクロソフトによると、早期導入事例のなかでは従来8時間かかっていたクリエ実行を、わずか5分間で完了できた例もあるという。64ビットならではの真価が発揮されるアプリケーションの登場が注目されるところだ。
 3つ目の効果は、開発環境が大幅に改善された点だ。
 やや専門的な話になるが、32ビットでは2ギガバイト(GB)だった仮想アドレス空間をx64の環境では8テラバイト(TB)にまで拡大。仮想メモリは4GBから16TBに、ページファイルサイズは64GBから512TBへ、システムキャッシュは1GBから1TBなど、桁どころか単位が変わるほど大幅に拡張されている。つまり、これまではWindows上で大規模アプリケーションを開発する際にリソースが足りなくなる、あるいはメモリ制限の関係からこれを回避するためのテクニックが必要になるといった問題が発生していたものを解決でき、大規模システム構築にもWindowsを活用できるようになるのだ。

これからの10年を支える新技術

 今年4月に、米国シアトルで開催されたWinHEC2005で、マイクロソフトのビル・ゲイツ会長は「64ビットコンピューティングの登場とWindowsのさらなる進歩が、IT環境のセキュリティ、信頼性およびパフォーマンスを一段と向上させ、新たな革新の波を呼び起こす」と語り、64ビットテクノロジーが今後10年で社会を変化させることを強調して見せた。
 実際、調査会社の各種資料でも2007年には、IAサーバやクライアントパソコンの半数以上が64ビットプラットフォームになると予測している。

「x64」対応のパソコンはすでに各社から出荷されている。

 導入コストがほぼ据え置きで、利用環境が大幅に向上するということはTCOの削減にも直結する。また、過去の投資資産も保護される。64ビットは、敷居が高い次世代技術と捉えるのではなく、これまで利用していた利用環境と親和性が高い、現状システムの延長線上の技術と見るべきだろう。
 64ビット時代の到来は、これから電子自治体を構築しようという自治体に対しても、(1)汎用機の切り替えによるレガシー改革の促進、(2)基幹系で利用されるC/Sシステムの高速化・高性能化――などといった影響を与えるだろう。
 ITという“道具”は5年後、10年後を見据えさらなる発展を遂げようとしているが、これとともに市町村の業務や組織もまた、長期的視野に立った進化が必要といえるのではないだろうか。

TKCの64ビットへの取り組み
性能評価ーー大量データ処理で最大60%時間短縮
 本論でも述べられているように、今年は「Windowsの64ビット元年」といえ、今後、発売されるハードウェアは64ビットCPUを搭載したマシンが主流になっていくことが容易に想像できる。
 TKCとしても現在、これに向けた対応準備を進めており、その一環として5月末から6月初旬にかけて64ビット環境で総合行政情報システム「TASK .NET」の性能評価を実施した。


今回の性能評価は、ハードウェアに加え、64ビット対応版のOSやデータベースエンジンが一通り出揃った(一部、評価版)ことから、まず現在の標準的な32ビット環境で速度測定を行い、次にx64の環境で速度を測定して比較した。その結果、(1)住民の照会処理や住民票の発行処理といった少量のデータを取り扱う処理時間については2割程度向上、(2)現存者を一括で抽出するといった大量のデータを取り扱う処理では、大幅に処理時間が短縮(最大で約60%削減)――などが明らかになった。これは、64ビット版のSQL Serverが大量データにアクセスする際のパフォーマンスが大幅に向上した結果であろう。
 TKCでは、SQL Server 2005の発売に合わせて、64ビット版「TASK .NETシリーズ」を出荷する予定で、これに先立ち、「TASK .NETフェア2005」において、x64環境上で実際にシステムを動かし、来場者へ、いま限りなく64ビットコンピューティングに近い世界を体感していただくつもりだ。


 さらに今後、メインフレーム並みの信頼性を持つといわれる基幹サーバ(「IPF」サーバ)を用いた「TKC行政ASPサービス」の性能評価も計画している。「TKC行政ASPサービス」については、来春に向けて順次64ビット対応サーバへ切り替える予定で、これによりいま以上に信頼性の高いサービスの提供へつながると期待している。


●用語解説
CPU(中央処理装置)
コンピュータの頭脳というべき装置のこと。プログラムの実行やデータの入出力や計算などを制御する。
IAサーバ
インテル社のCPUを搭載したサーバ機のこと。一般でいうPCサーバとほぼ同意。
ギガバイト(GB)
ハードディスクやメモリなどの情報容量を示す単位。ギガの語源はギリシャ語の「巨人」。1GBは1000メガバイト(FDが約1000枚分)にあたる。
テラバイト(TB)
ハードディスクやメモリなどの情報容量を示す単位。テラの語源はギリシア語の「怪物」。1TBは1000GBにあたる。
仮想アドレス/仮想メモリ
メモリの実際の記憶容量よりも大きな領域を利用するための技術のこと。
ページファイル
使われていないメモリ領域を一時的に保存しておくためにハードディスク上へ用意されたもの。
システムキャッシュ
アクセス速度を向上するために、使用頻度の高いデータを蓄えておける記憶装置のこと。

プロフィール
おおかわら・かつゆき 1965(昭和40)年、東京都出身。IT業界専門紙『週刊BCN』の編集長を勤め、2001年10月からフリーに。現在、IT専門雑誌のほか『エコノミスト』『プレジデント』などビジネス誌などでも活躍中。主な著書に、『松下電器 変革への挑戦』『ネット通販で年商100億円』『パソコンウォーズ最前線』など。6月に、ソニーの新旧経営陣への取材と同社のものづくり、マーケティング現場への取材をまとめた『ソニースピリットはよみがえるか』(日経BP社)を刊行予定。



バックナンバーへ戻るspacer新風トップへ