bannersaport.gif


TKC行政ASPシリーズへ
3つのサービスメニューを追加



 TKCでは現在、「TKC行政ASP」シリーズとして、次の6種類のサービスを提供しています。
(1)電子申請・届出システム
(2)公共施設案内・予約システム
(3)市町村サーバの第2次バックアップサービス
(4)サーバ監視サービス
(5)ウイルス対策サービス
(6)市町村税課税状況等の調

 すでに400を超える市町村でご利用いただいている「TKC行政ASP」シリーズへ、来春、新たに3つのサービスメニューが加わります。

住民に身近な申請サービスを実現

共同アウトソーシング事業の進展によって、各種申請・手続のオンラインサービスを開始する地方公共団体がずいぶんと増えてきました。しかし、せっかく電子申請・届出サービスをスタートしても住民の利用数が伸び悩んでいるところは少なくありません。そのような利用者が増えない理由としては、主に3つの原因が指摘されています。
 まず、第一に、住民票の写しなど多くの申請・手続では、公的個人認証を用いた電子署名などが必要で、このために住民は住基カードやICカードリーダライタ等を事前に準備しておかなければならないこと。そして、第ニに手数料などの支払いのために結局窓口へ出向かなければならないこと。そして最後が、そもそもサービスメニューと住民ニーズの乖離があるのではないかということです。
 一方で、利用実績が伸びている地方公共団体の例を見ると、施設予約・案内や粗大ゴミの収集の申し込みなど住民の生活に密着した身近なサービスメニューを揃えているという特長があります。
 こうしたことから、最近では簡易申請やイベント等の申し込みなど「厳格な本人確認」を必要としないサービスからオンライン化を進めるところも登場しており、当社へもこれらをサポートするシステムのASP化を期待する声が増えていました。
 そこで、当社ではTKC行政ASPシリーズとして、新たに「かんたん申請・申込システム」(18年1月提供)と「講座・イベント申込システム」(18年4月)の提供を開始します。  これらのシステムは、単体導入はもちろん、「電子申請・届出システム」や「公共施設案内・予約システム」と組み合わせることで、より住民に身近な電子行政サービスを実現できるようになります。システムの特長は以下の通りです。

新しい「TKC行政ASP」トップ画面(イメージ)

■かんたん申請・申込システム
●住民は、IDやパスワード入力など利用者登録をすることなく、申請・手続ができます
●申請フォームは、各課の職員が自由に作成できます(プレビュー機能付き)
●システムで作成した申請画面は、既存のホームページから直接呼び出すことができます
●住民から申請されたデータは、CSV形式で切り出せるため、電話やFAX等で受け付けた申請情報と一緒に管理することができます
■講座・イベント申込システム
●住民はイベント情報をキーワード等で検索できます
●申込フォームは、各課の職員が自由に作成できます
●電話やFAX等で受け付けた申し込み情報を簡単に入力することができます
●応募者多数の場合は、抽選機能が使用できます
●イベント参加者や講座受講者の出欠情報を記録することができます
●過去のイベント等の情報を参照できるため、同様の催しを開催するときに簡単に申込フォームを作成できます
●申込データをCSV形式で切り出せるため、統計資料などを容易に作成することができます


管理事務のTCO削減を実現

もうひとつのニューフェイスが、来年4月に提供を開始する「給与システム(仮称)」です。このシステムは、「TASK .NET給与システム」をASPサービスとしても提供するもので、総務省が掲げる「市町村の内部管理事務」の共同化アウトソーシング施策に合致しています。
 TKCインターネット・サービスセンターを活用するため、安全なシステム運用はもちろんのこと、給与データのバックアップなど煩雑な業務から解放され、法制度改正の場合でも庁内でシステム改修をする必要がなくなるなど、内部管理事務コストの削減を可能とします。
■給与システムの特長
●例月処理から差額計算、年末調整まですべての給与事務をサポートします
●人事院勧告や各種法改正、共済組合等の制度改正へ迅速に対応できます
●当初予算や補正予算機能を搭載しており、実態調査資料の作成が可能です
●支給日の異なる、さまざまな支給体系にも対応できます
●時間外手当等の変動データは、各課で入力することができます
 TKCでは、現在、財務会計や文書管理といった情報系システムの「 .NET」化を推進中です。また、「TASK .NET」シリーズとは別に、市町村の実情に合わせて使い分けできるよう、これらのシステムをASPサービスとしても随時ご提供する予定です。


“見えない”安全対策の効果を見せるビデオ
「情報セキュリティ・ガバナンスを目指して」制作

 情報セキュリティ対策は、その重要性は理解されても、具体的に目に見えるものではないだけに、「有効性の説明に苦慮する」という担当職員の声をよく耳にします。
 そこで、LGWAN-ASPを利用した「TKC行政ASP/市町村サーバの第2次バックアップサービス」を紹介しながら、自治体に求められる情報セキュリティ対策のポイントをまとめたビデオ「情報セキュリティ・ガバナンスを目指して」を制作しました。11月中にも、皆様の元へお届けする予定です。
 お問い合わせ等は、地域の担当営業課まで。



バックナンバーへ戻るspacer新風トップへ