bannerkanmatsu.gif


TASK .NETフェア開催



 東京・立川市を皮切りに、現在、全国主要都市において「TASK .NETフェア2006」を開催しています。
 今年のテーマは〈便利で効率的な電子行政の実現〉で、地方公共団体が直面する「行政効率の向上」「住民サービス向上」「TCOの削減」「情報セキュリティの強化」の4つの課題を解決するTKCの各種ソリューションをご紹介します。


 なかでも来場者の注目を集めていたのが、「TKC行政ASP/公共施設案内・予約システム」です。
 「IT新改革戦略」が、申請・届出等手続におけるオンライン利用率50%以上の達成を目標に掲げたこともあって、住民からも利用されやすい公共施設案内・予約サービスの導入検討が本格化したようです。
 参加者からは、申込みからデータの管理までの具体的な事務処理の流れ、あるいは先行団体の事例などへの質問が寄せられていました。


高杉良原作『不撓不屈』映画化される


 TKCの創業者で、TKC全国会初代会長・飯塚毅をモデルにした高杉良原作の経済小説『不撓不屈(ふとうふくつ)』の映画が完成した。
 本作品は、一税理士と国家権力との闘争だけではなく、一人の人間の信念と家族の強い包容力に支えられた不撓不屈の精神によって、多くの理解者を生み出していく様を力強く描いている。
 6月から全国一斉にロードショー公開される。




バックナンバーへ戻るspacer新風トップへ