電子自治体推進を支援する情報誌「 新風」

【巻末情報】

タイトル

 平成21年度より「個人住民税の公的年金からの特別徴収制度」が開始され、65歳以上の年金受給者の納税方法と市区町村の課税事務が変わります。
 この制度が導入されると、市区町村と年金保険者の間で公的年金支払データおよび特別徴収各種データがエルタックスを利用して授受されます。来年1月の公的年金支払データ授受からエルタックスを導入するため、市区町村は地方税電子化協議会へ10月15日までに正式な参加申し込みを行います。
 なお、データ授受の導入試験が今年12月と来年2月に予定されており、導入試験までに環境整備とシステム構築が必要となります(データ授受の導入試験の詳細は、本誌10~11ページをご覧ください)。これに伴い、「エルタックス」と「LGWAN文書交換システム」いずれを利用する場合でも、大規模なシステム改修が必要となります。
 TKCでは、以下の通り「TASK.NETシリーズ」の改修を行い、今秋より順次提供する予定です。

1.申告受付支援システム
(1)年金支払報告書データ取り込みへの対応

2.住民税システム
(1)課税計算・異動処理の改修
(2)特別徴収に関わる各種データ授受への対応
(3)照会画面・各種帳票の改修

3.収税消込システム
(1)特別徴収結果データの消込対応
(2)納税証明書の改修
(3)納付状況照会の改修
 また、9月から10月にかけて当社の基幹系システムのご利用団体に向けて、システム対応説明会を開催する予定です。日時など詳細については、最寄りの営業課までお問い合わせください。

 10月21~22日、東京ビックサイトにおいて「地方自治情報化推進フェア2008」(主催・財団法人地方自治情報センター、社団法人行政情報システム研究所)が開催されます。


 TKCでは、「LGWAN─ASPで始める地方税の電子申告」を中心に、各種ASPサービスをご紹介します。皆様のご来場を心よりお待ちしています。
【ブース展示システム】
地方税電子申告支援サービス/公共施設案内・予約システム/電子申請・届出システム/かんたん申請・申込システム/講座・イベント申込システム など
【プレゼンテーション】
日 時 10月21日 11:10~11:55
テーマ 「LGWAN─ASPで始める地方税の電子申告」
※プレゼンテーションのお申し込みは、弊社ホームページまで。