電子自治体推進を支援する情報誌「 新風」

【巻末情報】

タイトル

 8月2日、立川市様にご協力いただき、同市女性総合センター・アイムにおいて、「TKC行政ASP/地方税電子申告支援サービス」の都内利用団体(6区6市1町)による情報共有会を開催しました。

 これは、国税連携の導入により市区町村の電子申告業務の運用方法が大きく変化したことから、課税業務が一段落したこの時期に、現場第一線の知見を市区町村垣根なく共有することで、来年以降の課税業務の改善につなげることを目的として実施したものです。
 会議では、各団体の税務担当者の皆さまから寄せられた質問事項や要望事項に対する当社からの回答および意見交換を行ったほか、墨田区税務課様による「地方税電子化による税務事務の合理化に関する事例発表」が実施されました。また、当社からの報告事項として、課税業務から証明書発行に至るまでの「電子化による税務業務の一気通貫」についてご説明しました。
 出席者からは好評の声をいただくとともに、「団体間の情報共有を中心に継続開催を」との要望が数多く寄せられました。
 なお、9月2日には「TKC電子行政フェア2011」に併設して、神奈川県内の利用団体による情報共有会も予定しています。
 平成24年以降の会議では皆さまのご要望にお応えし、地方税電子申告に関する「最新情報の紹介」や、利用団体における「当初課税業務のプロセスの見直し事例の報告」などの情報共有に努め、事務負担の軽減や住民サービスの向上など業務改善に役立てていただける機会となることを目指します。

タイトル

 11月1~2日、東京ビックサイトにおいて開催される「地方自治情報化推進フェア2011」(主催:財団法人地方自治情報センター)へ出展します。
 展示内容は、以下の通りです。皆さまのご来場をお待ちしています。
【展示ブース】

■総合行政情報システム“TKCクラウドサービス”

住基、税務情報、総合窓口システム

■行政経営支援ソリューション

公会計(財務会計)、固定資産管理、かんたん財務書類システム(財務4表作成)

■住民サービスの向上

証明書コンビニ交付システム


【ベンダープレゼンテーション】

11月2日、15:30~16:15、C会場
テーマ「業務継続性確保に必要な準備とポイント」